2月を読む  2006年3月分  4月を読む

 03/31(Fri) 

《えびす富士》

 03/25(Sat) 

≪友部さん≫

 03/21(Tue) 

《MBC》

 03/19(Sun) 

《MUSKRAT》

 03/16(Thu) 

《NO!邪気》

 03/11(Sat) 

《春の扉》

 03/08(Wed) 

《瞑日》

 03/02(Thu) 

《ウサギザン式》


3/25/(Sat)   ≪友部さん≫


友部さんのライブを初めて見たのは、、、
京都の寺町にあった「むい」っていうほんとに小さなライブ喫茶。 もう25年も前のこと。

それから、その当時バイトしていた楽器屋にふらっと友部さんが入ってきて、『この間、ライブ見ました』って話しかけると、『ありがとう』ってピックを一枚買っていってくれたこと。

そして、東京にでてきて間もない頃。
ジャンジャンの前で偶然、友部さんを見かけ声をかけて、、、。
その頃できたてほやほやの僕のファーストアルバムを『これ聞いてください』と手渡したら、笑顔で『ありがとう』と快く受け取ってくれたこと。


これは素晴らしく一方的な思い出。

きっと、ずっと友部さんの声はまるでギターやピアノのようにいつもそばにあって、それはジョンやオーティスのようにあって、、、。

その友部さんのライブに昨夜行って来た。 もう何年ぶりだろう、、、忘れてしまうくらい久しぶり。



ライブを見ながら、、(これも、随分昔)レイチャールズを見に行ったときの事を思い出していたんだ。

アルバイト終えてくたくたで駆けこんだ大阪フェスティバルホール。
レイが登場する前、15分くらいかなぁ、バックバンドだけで演奏があって、その間くたくただった僕はすっかり眠りこんでしまった。

でもレイが登場して歌いだしたとたんにウソみたいに吸い込まれて、眠気がすっかり覚めて、、、うん、吸いこまれて、、、。

(きっと、こんなことは誰にでもあることだな。)

昨夜もそう。
友部さんの登場まで、(昨夜は)そんなに眠い訳じゃなかったけど、友部さんがうたいはじめた途端にだよ。
それは、イカシタ、イカシタ、具合。

友部さんの声は踊り、詩は歩き出して僕の目の前までやって来る。


友部さん、『ありがとう』

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果