10月を読む  2009年11月分  12月を読む

 11/25(Wed) 

《46執念ライブ目前情報》

 11/24(Tue) 

《BACK HOME》

 11/20(Fri) 

《OVER DRIVE!》

 11/18(Wed) 

《SLIP》

 11/12(Thu) 

《好意な行為》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/10(Tue) 

《King Of Innocent》

 11/09(Mon) 

《激震!高円寺FES!》

 11/07(Sat) 

《銀色コーチ》

 11/06(Fri) 

《生図?!》

 11/03(Tue) 

《散文化な日》

 11/01(Sun) 

《福岡HAPPY BILD》


11/6/(Fri)   《生図?!》


ジョニ・ミッチェルのことを書いた文献で彼女特有な変則チューニングの術が掲載されていたので、、、

ギターをそのチューニングにして適当に歌ってると、、、、性格が変わりそうだった。

その流れでYOU TUBEの原田知世の歌にたどりついたらなんだかすごく良くてね、、、(キセルの曲だった。)

静かな朝にいろんなオレのやって来かたがあるってもんさ。


しかし、、、オレはウ・ル・サ・イな。


でもうるさい夜も懐かしい、、、そんなに時間経ってないのにね。


さぁ、旅の続きである。



どこに行ってもちゃんとその店や仲間達が素敵なフライヤーを作って飾ってくれている。

東京じゃあんまり考えられんことさ。

福岡3連夜、福岡最終夜、春吉Namazu。

ジャスティン&ナイトトリッパーズとの狂宴。



何度もいうがジャステインは素晴らしいボーカリストだ。

そのいかした声で店中にサイコーのグルーヴを撒き散らす。

何度もオレの名前をよんでくれてさ、、、

感激だった、、、。

この夜も最初ひとりでステージにあがったけど全然ひとりって感じがしなかった。

ステージがナイトトリッパーズのグルーヴでいっぱいやったけん。



タケちゃんを呼んで午後のセッションのおかげで昨夜よりも盛りだくさんに。

ジャステインをよんで、最後はナイト・トリッパーズと。

ライブ後、ドイツ人のおじさんとなんだかいつもより流暢な英語でオレのオリジナルソングを分かち合えた、、、
(と、オレだけが思ってたんだろ)

昨夜のラフィッツから引き続き来てくれたカップルがいた。

4年ぶりに会った何某くんは目を潤ませて『カブさーん!!』と抱きついてきてくれた。

この前まで東京にいた何某くんもかけつけてくれた。

忙しくてどうしてもこれなかった何某くんもいただろう。

全部サンキュー!!

また会おう!!

オレたちはいつでもライブハウスで待ってるよ。

ライブハウスにきておくれ!オレたちに会えるよ。

君の宴は何処で終わった?

じゃあ、また始めればいいのさ、簡単なことさ。

またオレたちのライブハウスにやってきておくれ!


その後、オレたちはYURA YURAで呑みさらし、ハッピービルを目指し明け方近い闇に消えて行ったのだ。

(朝7時に大分を目指さねばならんというのに!!)

《10/17@春吉 Namazu》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果