10月を読む  2009年11月分  12月を読む

 11/25(Wed) 

《46執念ライブ目前情報》

 11/24(Tue) 

《BACK HOME》

 11/20(Fri) 

《OVER DRIVE!》

 11/18(Wed) 

《SLIP》

 11/12(Thu) 

《好意な行為》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/10(Tue) 

《King Of Innocent》

 11/09(Mon) 

《激震!高円寺FES!》

 11/07(Sat) 

《銀色コーチ》

 11/06(Fri) 

《生図?!》

 11/03(Tue) 

《散文化な日》

 11/01(Sun) 

《福岡HAPPY BILD》


11/10/(Tue)   《King Of Innocent》


あーもうすぐまた旅が始まってしまう。

南国ツアーが追い越されてしまう前に旅を綴らなきゃ。

『たすいがはいかん!』の本場OF本場、SILVERでのライブはやはり素晴らしいその音でオレをいつも通り出迎えてくれた。

オレは歯を折るまでの興奮でそのライブの幕を閉じたんが、、、ラッキーなことに写真が1枚も残っていない。

SILVERでのライブは何回目になるだろう?

昨年来れなかった分、今年は2回来た。

やっぱり、毎年行く(来る)べきだ。

待っててくれてる仲間達がいるところには。


好き勝手に自分のことばかり歌ってるオレのような歌い手が歌を歌うだけで、また素晴らしき勝手な理解と共に受け入れてもらえる。

事実オレ、ライブ後はあんまり愛想のいいほうではない上に『ありがとう』の一言も言い忘れることも多々だから
『受け入れてもらえる』っう意識こそがオレの勝手な思い込みなのかもだが、、、。


歌ってるときステージからいろんな無邪気な顔が見える。

そいつは確かに笑顔が多い、けど時に泣き顔であったり、怒ってる顔もあったり、、、。

でもどっちにしてもその顔は無邪気だ。

無邪気さは可愛いだけじゃなくてとても大人気なく、残酷で汚い一面も、、、

ただ誰しもの無邪気さの根底にはなんらかのメロディーが伴ってるはず、、、(もし、それがない人がいるならそいつは少し不幸だ。)

じゃけん、音楽を目の当たりにすると皆んな、あんな顔になるんだ。

そんな顔をステージから垣間見ることのできることはなんてラッキーそんで、特権だ。

こんなことやめられっか。

そう、だからこんなことを続けてんだ。

最終日の十三テハンノに(日記ではまだ後の話だが)、27年ぶりに訪ねてきてくれた高校時代の友がいた。

一緒にバンドをやってた奴だ、、、オレに歌を歌わすきっかけを作ってくれた奴だった。

オレはね、別にあんまり懐かしいなんて思わんかったよ。

憶えてることはそいつの方がたくさんあって、申し訳なかったけど、、、。

ずっと、ただただオレを続けてる、、、まだまだその途中もいいとこやけんね。



27年前のオレに電話をかけている。

 『あのエロ本貸してほしいんやけど』

たっすいがぁ!!


さぁ、遡る旅日記はやっとこさのオフを一日はさんでブラザー亮(ゴールデン野郎)とSD2号の3人旅と相成るのだ!

つづきますように、、、。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果