10月を読む  2009年11月分  12月を読む

 11/25(Wed) 

《46執念ライブ目前情報》

 11/24(Tue) 

《BACK HOME》

 11/20(Fri) 

《OVER DRIVE!》

 11/18(Wed) 

《SLIP》

 11/12(Thu) 

《好意な行為》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/12(Thu) 

《SOFTLY 高知》

 11/10(Tue) 

《King Of Innocent》

 11/09(Mon) 

《激震!高円寺FES!》

 11/07(Sat) 

《銀色コーチ》

 11/06(Fri) 

《生図?!》

 11/03(Tue) 

《散文化な日》

 11/01(Sun) 

《福岡HAPPY BILD》


11/12/(Thu)   《好意な行為》


そりゃお客さんがいないよりわんさかいてくれたほうがいいに決まってる。

よく話すことだが、ニューオリンズなんかじゃ、そのお客さんの中には音楽がそこにあることだけを楽しんで、実際集中して演奏を聴いてない状況もあったりする。

でもそんなムードはむしろ好ましいし、オレは好き。

ただ、悪意を持って聞いてない状況にも出くわす。

自負するなら自分に聞かすだけの力がないってことにも繋がることだからこの判断は微妙ではあるんだけど、、、

オレなんかまだまだ途中、でもそんなムードを察知する一瞬の判断は間違ってはいない気がする。

そんで、そんな状況になると逆に燃え盛る何かが夢野くんのターボスィッチを入れる。

結果、燃え上がりました。そんな南国 BAR37のライブでした。

もちろん、お客さんはいっぱいで楽しんでるお客さんの方が多かった訳で。

ブラザー亮も何か研ぎ澄まされた感じでよかったしね。

BAR37はこの日から1週間後に終わってしまうってことで、残念だけど長旅をしているとそんな場面にも遭遇するんだよ、、、きっと。



『昨夜、屋台に行ってそこの大将に「たいっすいがはいかんだよねぇ?」って言ったらアサヒビールがでてきてさ、アサヒなんて女子供の飲むビールだぜ!』

なんてMCをかましたら、、、

な、なんと37のビールもアサヒでした、、、(再び、どうする?じゅんちゃん?)

気まずかったけどなんとも過激な夢野くん、全ては結果オーライ!

マスターもとてもいい人で店がなくなってもまたどこかできっと会える気がします。

さてはこの夜も返杯!返杯!

(実は前日の屋台(虎吉)でもギターで流してすこぶるご機嫌さを発揮した訳で)

《10/20@南国 BAR 37》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果