1月を読む  2010年2月分  3月を読む

 02/24(Wed) 

《Winter Song 5》

 02/18(Thu) 

《GO!OWL》

 02/17(Wed) 

《Winter Song 4》

 02/15(Mon) 

《Winter Song3》

 02/08(Mon) 

《コギト☆》

 02/07(Sun) 

《Winter Song 2》

 02/06(Sat) 

《Winter Song》

 02/02(Tue) 

《ENDLESS BANQUET》

 02/01(Mon) 

《のらのらと!》


2/17/(Wed)   《Winter Song 4》


Pureかぁ、、、。

いつかのある日の情景、ふとした瞬間に頭をよぎる。

まるで小学生の如く恥ずかしかったり、悔しかったり、腹立たしかったり。

便器に座って『くそーっ』と声をあげてしまう。

でも夜が明けると、もっともらしい、わかった様なことまた口走ったりする。

ほど遠いな、、、うんこだ。


旅に出て(旅じゃなくても)ライブをして新しくも懐かしい誰かとくだらなくも無邪気な話を弾ませていると、、、

ふと、オヤジやオフクロの田舎で夏休みとかだけに会う従兄弟のことを思い出したりする。

初めて会おうがなんだろうが、はなからとっても友好的で。

わかっかなぁ?


みんなそれなりの自分の都合で生きてる訳だが、オレは自分の唄を歌うという都合で生きてきてよかった。

そんな旅の続き、、、

名寄はとても昭和な映画なセットみたいな町だった。

でもそのくせ、町には若いおねえちゃんが結構歩いていた。

近くにでかい病院があって看護学校があるらしい。

オレのライブにその影響はなかったけど。

ライブの打ち上げをやった♭っち(ふらっち)というお店では、そこにいたみんなが歌いだした。



ちあきマスターの唄はとても素晴らしかったし、ライブ中に唄を聞いてくれてる笑顔もサイコーだったなぁ。

あと自称、日本最北端のパンクバンドGANG4のBassistのサカイくんはリアル少年メリケンサックで、妙に気が合い爆笑の渦となった。

稚内にはハードコアしかないらしいデストロイ。

PUNCKROCK FOREVER とプリントされた彼のバンドのTシャツを頂戴した。

また長い休み(ライブツアーだけど)にぜひ会いたいもんだ。

この夜のライブのスタート時間がはやかった事と雪深さが夜を増して行き全く真夜中な気分だったけど、お開きはまだてっぺんまわってなかったはず。


今夜から雪になるかも、、、らしい。

いくつになっても小さな嘘に苛まれ、気恥ずかしい大荷物を背負って、冬の坂を上る一方だ、、、くだるよりはましか?



わかっちゃいるけどやめられない夜は深く、また朝がやってくる。

《2009/12/22@名寄♭っち》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果