1月を読む  2011年2月分  3月を読む

 02/22(Tue) 

《怒涛の回想劇!11》

 02/19(Sat) 

《ちんまらほっけっきょーのせ》

 02/17(Thu) 

《なんたるパーティーなことか!》

 02/17(Thu) 

《怒涛の回想劇!10》

 02/15(Tue) 

《あ、上?だ、ほ?夢だ》

 02/11(Fri) 

《午後のポン酒》

 02/11(Fri) 

《怒涛の回想劇!9》

 02/08(Tue) 

《怒涛の回想劇!8》

 02/07(Mon) 

《怒涛の回想劇!6》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!5》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!4》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!3》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!2》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!1》

 02/02(Wed) 

《仙台 KABOOTLEG》

 02/01(Tue) 

《Cuttlefish Carrot》

 02/01(Tue) 

《Single Paper》


2/22/(Tue)   《怒涛の回想劇!11》


『いじめ』なんっうのは、きっと子供達の世界じゃないことは周知のことなんだろがねぇ、、、。

なんだかなぁ、、、って思うよ。

1度も就職したことない僕がいうのもなんなんっすけど、、、みんないい大人になってんのに今だに人の所為にしすぎじゃねぇのか?。

人の所為にする為にはできるだけ仲間を集めて陰口たたいてその誰かを弾き出す、、、そんなことが結構身近で起こってる。

気持ちいいのかねぇ、、、わかんねぇや、全く。

でもそいつに憤ったり、虚しくなんのは自分がもったいないし、とってもめんどくせー、、、幸運にも忙しい訳だからそんな暇はねぇーラッキー!

そうそう、まだ日記も追いついてないのだから。



夕日を越えてこの根無し草達を讃えに讃えられる徳島にやって来たのだ。

徳島と言えばもうすっかりデラシネだ。

ザ・スイスギターズでは2度目の登場。

その僕らをさらに讃えるかの様に対バンはルリちゃん率いる(?)ザ・ジミスギターズと来て、その名の通り素敵に華麗に地味でした。

マスターアオさんはサイコーだ、かっちょいいよ、誰の所為にもしてないもんね。

そして般若院のファンキー宮崎和尚とその仲間達の登場で超満杯のデラシネ。

公約どおりど派手に演りました。



あっ、ジミスギターズのVo&Perのおふたりです。


そして出くわしたぞ、ザ・居酒屋『白水』

ここの大将のことは言葉なんぞでは言い表せません、、、とにかくいらっしゃいマンション。


      

浮世の狭い世界でお山の大将になってしまった君はいつか人のやり方や暮らしっぷりにもついつい口を出さずにはいられないヤなおせっかい親父やオバハンになっちゃいねぇか?

気をつけなよ、そこのあんた。

旅に出てることが偉い訳じゃない、、、でももう一度その太い根っこを自分で断ち切って脱出してみれば判る事あっかもよ。

《12/3@徳島 デラシネ》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果