1月を読む  2011年2月分  3月を読む

 02/22(Tue) 

《怒涛の回想劇!11》

 02/19(Sat) 

《ちんまらほっけっきょーのせ》

 02/17(Thu) 

《なんたるパーティーなことか!》

 02/17(Thu) 

《怒涛の回想劇!10》

 02/15(Tue) 

《あ、上?だ、ほ?夢だ》

 02/11(Fri) 

《午後のポン酒》

 02/11(Fri) 

《怒涛の回想劇!9》

 02/08(Tue) 

《怒涛の回想劇!8》

 02/07(Mon) 

《怒涛の回想劇!6》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!5》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!4》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!3》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!2》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!1》

 02/02(Wed) 

《仙台 KABOOTLEG》

 02/01(Tue) 

《Cuttlefish Carrot》

 02/01(Tue) 

《Single Paper》


2/17/(Thu)   《怒涛の回想劇!10》


基本的にかなりの晴れ男。冬の北海道では完璧なる雪男。

かれこれ10年前ニューオリンズに出向いた時もジャズフェスの中日(計1週間ある内の真ん中あたりにあるオフの1日)だけスコールが降ったんだった、あとの日はすっかり晴れ。

その日は部屋に篭って曲をかいた。

『MAGAZIN2040』ってタイトルの。

そんときに世話になっていたGのヒロナリの家の住所をそのまま。


さて昨今は2週間以上のツアーになることも多々でやはり雨だった記憶が少ないのだけど唯一初めての阿南の夜に嵐がやってきた。

まぁこんなこともあるさ、、、それにしても極端ではあるが、、、。

阿南までの道中立ち寄った室戸岬。



空海こと弘法大師が修行したという洞窟にも足を踏み入れた。

その名の由来が示すとおり確かにそこからは空と海しか窺えない。

荒っぽい波が嵐の予兆だったか。

そして、ライブが始まる頃にはやはり警報まで。 でもそこには10人強のお客さんが集まってくれてね。

結果、秘策をもって花も嵐も踏み越えまして、、、。

PAをやってくれてたのがかの有名なスペクトラムでギターを回すことでお馴染みだった西慎嗣氏。

『VOがロン・ウッドでGもロン・ウッドやったで』

こりゃ大した褒め言葉じゃろう? タケちゃんと喜んだねぇ。

ほんとは無論ウッドですがね。



《2010/12/2@阿南 GO GO MUSIC CAFE》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果