1月を読む  2011年2月分  3月を読む

 02/22(Tue) 

《怒涛の回想劇!11》

 02/19(Sat) 

《ちんまらほっけっきょーのせ》

 02/17(Thu) 

《なんたるパーティーなことか!》

 02/17(Thu) 

《怒涛の回想劇!10》

 02/15(Tue) 

《あ、上?だ、ほ?夢だ》

 02/11(Fri) 

《午後のポン酒》

 02/11(Fri) 

《怒涛の回想劇!9》

 02/08(Tue) 

《怒涛の回想劇!8》

 02/07(Mon) 

《怒涛の回想劇!6》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!5》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!4》

 02/03(Thu) 

《怒涛の回想劇!3》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!2》

 02/02(Wed) 

《怒涛の回想劇!1》

 02/02(Wed) 

《仙台 KABOOTLEG》

 02/01(Tue) 

《Cuttlefish Carrot》

 02/01(Tue) 

《Single Paper》


2/15/(Tue)   《あ、上〜だ、ほ〜夢だ》


東京漂流よろしくドームをも占拠し、しかたなくも馬鹿でかい寝床にしてやろうと思うがいなや、体よく案の定追い出され、水道橋のネット難民と化す。

せめてもの個室は満員御礼、夜明けまでの3時間パックで確保できたのは窮屈なリクライニングシート。

明けきらぬコンビニで得た発泡酒とサラダで充血した瞳に乾杯。

となりの席の出稼ぎ独志はバレンタインの思い出語り、、、すまんが、そいつもいともたやすく東京ららばい。

でもすぐに腕の痒みで目が覚めたのはきっとこのたよんないブランケットの所為だと3時間パック使い切ることなく一足先に脱出。

        

ここがどこであろうが、いつかきっとあったはずのドブ川にも一瞬の郷愁の念を馳せらせて、こんな朝にまたも飽きもせず我想う。


一昨日の宴は東京にいながらにしてソウルマンやギターマンそして、よくぞととのいました夏季のみ限定の『柿の実』なる癒しのコーラスのおかげで素敵なAWAY感を頂戴して、、、

こんなオレで演れることに更なる自信がついた次第で。

トイレですれ違がった古き良き女史がくれた『初志貫徹』なんて使い古された言葉もやたらうまく響いたァ上ーに、(うまく読んで下さい) サイコーと言ってくれた何某くんの笑顔も信じきれて。

開き直る訳でもなく、もちろん満足して自惚れてる訳でもなく、ライブ直後のチューニングの甘さを正す意見がなんだかひどくつまらなく思えるのでした。

すっかりライブ時の写真を撮ったりする行為を最近は忘れがち、、、なのでこの日のアフターならぬ使用前のビフォアーライブの模様を。

 

 

じゅんちゃん家の烏賊す夢野天国でした。

じゃあ、次回は自分のことが好きでたまらないメンバーで自信をもって『今こんなオレが好きだ VOL.1』ってことで、、、。

西荻あたりのホームでね。

《2/13@阿佐ヶ谷 MIX》

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果