1月を読む  2012年2月分  3月を読む

 02/27(Mon) 

《SAME CRIME》

 02/21(Tue) 

《Insomnia Garden》

 02/21(Tue) 

《My Spirit Were Numb×3》

 02/16(Thu) 

《Dear Witness》

 02/16(Thu) 

《Sanitary Box》

 02/15(Wed) 

《夜を日に継ぎ》

 02/09(Thu) 

《BROWNIE MORNING》

 02/09(Thu) 

《BROWNIE MORNING》

 02/04(Sat) 

《Good Unbalance》


2/21/(Tue)   《Insomnia Garden》


大して眠ることなく午後の街に出ると冬の風がなんともノス タルジックに頬をつく。

そう、それは僕の20代、30代、慢性化した睡眠不足で立ち向 かった季節の匂いだった。そいつが一瞬ではあるが甦った事 にこのルスタルジーは起因した様に思う。

当時、ロックバーのバイトが終わるのは朝7時、7時に終われ ばまだましな方で気がつけばもう昼に手が届きそうな時間な んてことも多々あった。

その上、世間とは真逆の就寝時間にはボーリングがけたたま しい音をあげて地上に穴を開ける地下鉄工事(京都烏丸線、 これは3年間に及んだ)が始まっているという不運なんてチン ケな言葉ではどうにもかたずけられない時期もあったりで。

まぁ、水商売に携わる人の多くは浮世を逆転して背負わねば ならぬが故の類似の苦境があるには違いない。この僕も10年 近くもそんな生活をしていた訳だからやはり今でもその時間 軸がぼんやりと暮らしの基盤になっていることは否めないの だ。

それにしても今日は大した自業自得の睡眠不足。

しかし何か小気味のいいノスタルジーが歯医者に向かう道程 にうまく蔓延ってくれていた事で足取りは随分と軽くなった のだ。

普段は滅多に食わぬアメリカンドックが食いたくなりコンビ ニに立ち寄る。

これもきっとノスタルジーの影響下にこみ上げた小腹の欲 求。

まだ小学校にあがる前、母親の実家がある東大阪の公設市場 かなんかでそれに初めて遭遇し、世の中にこんな美味しいも んがあったのか?シリーズのひとつであったアメリカンドッ ク。

コンビニで『アメリカンドックひとつ下さい』って声がいつ もより鼓膜に響いてなんだかその台詞共々、妙に可笑しかっ た。

最近、(コンビニでは)誰しもが体験済みと察するが、あの2 つ折にするとケチャップとマスタードが一緒に発射されるア レ。ケチャップ、もしくはマスタードしかいらない輩にはと んでもなく不躾な作品ではなかろうか?そもそも自分のアメ リカンドックのノスタルジーにはケチャップもマスタードも なかったので僕自身は使用しないのだが、、、

なんて、どうでもいい事をぼんやりと考えながら副都心線に 揺られていた。

通院してる歯科の主治医は古くからの友人で僕はかれこれ6、 7年は通っている常連(?!)である。わりと早めに着いたの で座り慣れた柔らかめソファーでいきなりの爆睡。

何故だか夢の中で始まったのは水道工事、けっこう高めB♭ くらいのガタのきたインパクトドライバーの音がして目が覚 めるとそれは他の患者さんが連れ添っていた子供の声とシン クロしていた。

また自分が可笑しくてひとりでほくそ笑む。そんな気持ち悪 い寝起きの人、いや気色悪い人の顔をチラ見して子供は更な る雄叫びをあげ始めた。

治療中も夢落ちして何度となくビクッとなったが友人の主治 医もすっかり慣れたものである。


帰り道は久しぶりに約7kmの道程を歩いて帰ってきた。

さらに冷たさを増した風にノスタルジーはすっかり消えて失 せていたが眠気を吹っ飛ばしてくれて新宿の高層ビルの谷間 を抜ける頃には身体もホカホカ、気持ち良ささえ感じる程に なっていた。

切なさジャンキーが半ば無理矢理、眠らせなかった昨晩の夜 を従えて、歩いて、歩いて、冬の風に目を細めながらもちゃ んと起きたまま不眠の園に辿りつき、、、またひとつ壁を越 えた、というより越えてしまったという事実。

そう、どんなにねじれても越えてしまえてる現実。

となると、そこ(園)には眠らずに辿り着けた時間への愛着 すら生まれ、業へのさらなる愛しさが充満し始める。そいつ を僕は素直に認め続けてるんだ。

相変わらず根拠はない、でも時に切なくもあるこんな感情を もってライブを向かえる事は何かとてもいい事のように思え たりする。

フラフラになっても眠らずに一日を生きてみてよかった。

そんな事もあるんだ。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果