9月を読む  2012年10月分  11月を読む

 10/30(Tue) 

《GO IN GO MAN 49》

 10/27(Sat) 

《NET CAFE BLUES》

 10/23(Tue) 

《a nap king》

 10/17(Wed) 

《長崎にやって来た!》

 10/09(Tue) 

《ONE OF A CUP OF COFFEE》

 10/08(Mon) 

《COLD AT FEET》

 10/07(Sun) 

《DOWN  AT THE HEEL》

 10/03(Wed) 

《BAD LUCK !》

 10/01(Mon) 

《ROLL THE NIGHT》

 10/01(Mon) 


10/1/(Mon)   


ギター壊れて山河あり、神様、仏様より、頼りはヤイリギターの松尾様。

さては10月

転寝の隙に台風行っちゃって、真っ裸で風にとばされるチャンスを逃した丑三つ時。

そんな呑気な想い、全く持ってけしからん、でも許してたもう、何処か遠くの豪雨の夜達。

台風の夜、自らを隔離した夜の部屋はまるで知らない置き去りの異国の様。ましてや君の痛みも遠くにあらば、そいつは緩いスピードながらズンズンと増していく。

寂しくもうっすらとした安らぎはほっとけばいつまでもグウタラを決めこむから風にも飛ばされない電波を手繰ってこんな夜こそ約束をとりつける。

『ワタシ、シシリーノ ユメノカブ ト イウモノデスガ、、、』

そんなどこか面倒くさい気持ちとは裏腹に、スケジュールは既に桜を咲かせる季節までポンポンと決まってった。

そしてまた何度となく君の頭上をとんで行ったり来たり。

ふっきらなきゃ飛べない、、、わかるかい?笑うかい?

あっ、ふっきれたと言えば、昨夜の玲ちゃん、(柴草玲ちゃん)。

ご無沙汰、ご無沙汰、の気がつきゃ7、8年ぶりだって。

ふっきれたというより、もう突き抜けてて狂おしく妖艶なパンキッシュさが夜を見事に揺らしてた。

こんなよかったっけ?玲ちゃん。 【またもけしからん、身の程知らず上から目線の発言ですまんだひさこ】

でもね、また蔑視してるって言われそうだけど昨今の女の歌い手にはどうしょうもなく勝ち負けが先にたっちゃう人っうか最終的に無理してるようにしか見えないことが多くてね、(偏見もごめんください、さようなら)

でも昨夜の玲ちゃん、そんなん全然なかった、気色よかったぁー。『全ては今』に説得力があって、そいつが唯一自分の味方だってこと、確信だ。

浴びせられた夜、弾む心、ダンシングオールナイト、言葉にすればまたもや嘘に染まる。

『また一緒に演ろ』って素直に言えたさ。

帰り道、ゴキゲン満ち溢れ、回すは、星空!世界!地球!ことごとく。

そんなただの酔っ払いがそいつを無理矢理でも分けたかったのはやっばり世界中のだんまりを決め込んだ君!君!君!であったこと全ての着信で憶えといてくれ(笑)。

    

あと、日本で一番パンキッシュな文学が梶井の檸檬であることも!(爆!)

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果