10月を読む  2014年11月分  12月を読む

 11/13(Thu) 

《In To The Amniotic Fluid》

 11/06(Thu) 

《君にヨロン・ウッド》


11/13/(Thu)   《In To The Amniotic Fluid》


萎びたビジネスホテル、逢魔が時。

ようやっと、優しき安堵という妖怪が羊を数え始める、、、

加湿器のボコボコいう音を微睡みの中に鎮めると、まるで水 の中にいるようで、きっと誰しもの記憶の奥底に潜む本当に あったであろう水中生活をほんの少し垣間見た気にもなれ る。

(必須アイテムは夢現であることは確かなのだが!)

いい音だなぁ、、、川のせせらぎとかじゃなくて、たかが加 湿器のポコポコを心地よくそんな風に響かせれる心持ちであ る時間が微睡みの宝で、実はとっても稀有なことでもある気 がするんだけど。

そんな水の中で僕はその全部を僕が生まれたであろう懐かし い記憶の体温に絡ませていく。

とんがったとこも柔らかくなったとこもすっぽりと不思議な くらい包み込まれ、雑念やら執念、全部が液体化される。

灯りを消したら、そいつにさらに拍車がかかり、どんな部分 にでも流れ込めそうだ。

そうやって記憶の海底を泳ぐ行為はこの世をまた逆さまにし ていく。

この世が夢になる。勿論、いい夢だけじゃない、悪夢も含め て。

でも、うなされたとしても寝言は面白く、ラチのあかない論 争よりは少なくともユーモア性を秘めていて貴重だ。

そんで僕の歌は全部、そんな寝言でできている、、、かもし れないと思えればこっちのもんよ。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果