7月を読む  2017年8月分  9月を読む

 08/31(Thu) 

《Day to begin it》

 08/30(Wed) 

《Cult TV》

 08/29(Tue) 

《Ballad of the orphan》

 08/29(Tue) 

《Ballad of the orphan》

 08/28(Mon) 

《Salute!》

 08/27(Sun) 

《Sunset man》

 08/27(Sun) 

《∀-34 @ KANI》

 08/26(Sat) 

《The heart is one to one》

 08/25(Fri) 

《Be resisted》

 08/24(Thu) 

《Brand-new sorrow》

 08/24(Thu) 

《Brand-new sorrow》

 08/24(Thu) 

《Junk Soul food》

 08/22(Tue) 

《Moment of the respect 》

 08/22(Tue) 

《》

 08/21(Mon) 

《Holiday rhythm》

 08/20(Sun) 

《A gear drive》

 08/19(Sat) 

《A Special Habitat》

 08/18(Fri) 

《Childish eyes》

 08/17(Thu) 

《Luxurious nap》

 08/17(Thu) 

《Luxurious nap》

 08/16(Wed) 

《Back of the devil》

 08/15(Tue) 

《Deracine On My Mind》

 08/14(Mon) 

《an imbecile prince》

 08/13(Sun) 

《 A superb view》

 08/12(Sat) 

《Memory spice》

 08/11(Fri) 

《Moon, this evening》

 08/10(Thu) 

《Sensitivity of the rock》

 08/09(Wed) 

《Peace declaration of the dream》

 08/08(Tue) 

《Summer hopping》

 08/07(Mon) 

《Firm dinner》

 08/06(Sun) 

《Starting Over》

 08/05(Sat) 

《Hello! Musica!》

 08/04(Fri) 

《I return to Memphis》

 08/03(Thu) 

《A rough road》

 08/02(Wed) 

《Achievement of Ishibashi》

 08/01(Tue) 

《Tomorrow is Ramazan》


8/24/(Thu)   《Junk Soul food》


電車で中津川に向かうのは初めてだった。



心ある人の思いやりを込めた言葉も今は、、、と言うよりま だまだ聞き入れることはできない 自分がいるんだなぁ、、、とその町に近づく景色を見送りな がら物思う。

引き摺るっていう言葉がそれに相応しいのならそれでもい い、、、なんと言われてもいい気がしていた。

ただそれを生きてる誰かと比べたりする気は毛頭なく、頑張 って生きてる仲間は無論えらいのだ。

かと言って、生きてる奴にそれ以上の気も使えない。

まだまだオレは引き摺るというより、彼奴(イト)を引き摺 り回して(笑)生きてくのだ。

そして、答えのない旅はここからも続く。

それが正直なとこだ。

ただオレは以前よりも彼奴と向き合うことでより音楽と向き 合えている、確実に。

いいことだ。



イトと何度か一緒に行った五十番で彼奴のソウルフードを初 めて食す。



今迄で出向いた折はライブ前ってことでオレは汁物を注文し て彼奴がしゃかりきそれしか食わぬ様子を微笑ましく眺めて いた様に思う。

ジャンクにソウルに予想以上に美味かった。

ジャンクさは不躾にノスタルジーのスパイスと成り得て、裏 町の比類なき名物となる。

それを十二分にずっと継承しているであろう味だ。



記録には2015年8月2日とある。

同じアングルの写真をこれ以降も後に1回撮った記憶がある。

夜のBreathでのライブは前回に引き続き、イトのご両親、そ して妹さんも足を運んでくれて大盛況となった。

できるだけ其方(ご両親のいる方)を見ない様に歌ったがや はり何度となくお母さんの顔が目に入って、一瞬、ヤバかっ た。

こらえて、こらえて、こらえて、こらえて、、、何故笑うの かは自分でもよくわからないが、ほくそ笑み歌い続けた宴。

中津川はほんとにいい輩でいっぱいだ。

『野蛮な空』

目を閉じた誰かに、、、

昨日よりも今日、強く深く届いた気がしていた。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果