8月を読む  2017年9月分  10月を読む

 09/30(Sat) 

《Godzilla, burn !!》

 09/29(Fri) 

《The China third Soul Man》

 09/29(Fri) 

《The China third Soul Man》

 09/28(Thu) 

《Motion and stillness》

 09/27(Wed) 

《Don't miss oneself》

 09/26(Tue) 

《Jolted to Mifune》

 09/25(Mon) 

《Not rarity value》

 09/24(Sun) 

《To Wrestle》

 09/23(Sat) 

《Fish Shop Mom》

 09/22(Fri) 

《Who is a samurai?》

 09/21(Thu) 

《Leftover goods etc》

 09/20(Wed) 

《Song to knock on》

 09/19(Tue) 

《Drawing card trip》

 09/19(Tue) 

《Embarrassed good-bye》

 09/17(Sun) 

《Last Night Sings》

 09/16(Sat) 

《Typhoon Rock》

 09/15(Fri) 

《A Myterious Smell》

 09/14(Thu) 

《BARONG'S Happy》

 09/13(Wed) 

《Wind is pleased》

 09/12(Tue) 

《Mameta Walker's》

 09/11(Mon) 

《The off first day》

 09/10(Sun) 

《Firm honor》

 09/09(Sat) 

《Loud Singing》

 09/09(Sat) 

《Loud Singing》

 09/08(Fri) 

《The beginning》

 09/07(Thu) 

《Riding is happy》

 09/06(Wed) 

《ROMANTIC BELIEVER》

 09/05(Tue) 

《Lie of the corner》

 09/04(Mon) 

《Corrugated cardboard uncle》

 09/03(Sun) 

《Rock the lock!》

 09/02(Sat) 

《Not stop solo》

 09/01(Fri) 

《Praise vanity》


9/13/(Wed)   《Wind is pleased》


@ 熊本 水前寺 cafe 凛や

日田からは将兵が休日ってことでまでヤツの高級クラッシッ クかーで熊本 凛やまで送ってもらっうという運びになった。

せっかくなので奴にも歌うように言ったところ1曲なら歌える というのでそう呼ぶにはあまりにも短すぎるオープニングア クトを務めさせた。


凛やではいろんなことがシンクロする。

それをシンクロと呼ぶに相応しいかは正確にはわからんがま ぁいいだろう。

というのは、盟友ハシケンが偶然にも同日、同じ熊本(車で 15分程度)にてトリオでのライブをしており、ハシケンから メールが来たのでそちらが終わったら凛やに来ないかと誘っ たことからはじまる。

こちらは日田から将兵が実家の畑から採れたそれはそれは立 派なナスやゴーヤー(いつもの様にアフターでちかこさんの 手により絶品料理へと)、西邑かしわ専門店の鳥刺し、そし てシャイン・マスカット等の差し入れが顔を揃えており、オ レにとってライブアフターの凛やはもうサイコーの憩いの時 間であるからして、毛頭、離れる気はないのでそのようなメ ールを送った流れであった。

結局、ハシケンもあちらはあちらでの都合もありきで、日の 変わらないうちに電話があって、今日のところはすれ違いを 余儀なくされた訳だったが。

ちかこさんも17、8年前に熊本でハシケンのライブを見てその 打ち上げで酔っ払って耳元で『感謝』を歌わせた経緯を話し て会いたがってはいたので(笑)オレも残念ではあったのだ けれど。



その後、会えなかった残念さも混じえ、ハシケンの当時のア ルバム『感謝』を聴いていたところ、ライナーノーツの切り 文字がコマツ(ソウルカッター)であった。

オレもそのアルバムは持っていたが、そんなことはすっかり 忘れていたから今回のニューアルバムと重なり妙に嬉しい気 分になった。

その上だ、今夜きてくれたお客さんの中に風喜 (ふき)くんという19歳の青年がおり、(前々回もきてくれ てたのだが)彼がまだ赤ちゃんのときにアルバム『感謝』ス ペシャルサンクスにハシケンの知り合いである両親共々、そ の名を連ねていたのだ。

勿論、風喜はそんなこと知る由も無く、そいつを見つけてし まった事がまた小さな喜ばしいエピソードとして今夜を彩っ たのだった。

『ハシケン、風喜はこんな、おっさんになってしまったぞ (若干19歳ではあるが)』とfacebookにあげたら、すぐに反 応があった。



シンクロ?まぁ、前述の通りそれはいいとして、17、8年の年 月を超えてハシケンはその声だけでなく、ある種の幸福感を どこにでも蔓延らせる男であるなぁ、、、と。

いつもの凛やの寝床、少し窓を開けるといい風が入ってき た。

少し寝て起きたらまた眠れないモードに陥ってしまったが。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果