10月を読む  2017年11月分  12月を読む

 11/30(Thu) 

《The mellow world》

 11/29(Wed) 

《Dusk voyage》

 11/28(Tue) 

《Bottle to hold》

 11/27(Mon) 

《4 & 5 strings which cut》

 11/26(Sun) 

《Moon Light Walkin'》

 11/25(Sat) 

《Court musicians》

 11/24(Fri) 

《Silence is golden.》

 11/23(Thu) 

《Doramingo》

 11/22(Wed) 

《Jerryfish》

 11/21(Tue) 

《Remember you》

 11/20(Mon) 

《Thanksgiving Day》

 11/19(Sun) 

《Last moment signal》

 11/18(Sat) 

《Tearjerker》

 11/18(Sat) 

《Tearjerker》

 11/17(Fri) 

《Parked》

 11/16(Thu) 

《Fake positive》

 11/15(Wed) 

《Small madman》

 11/14(Tue) 

《Tokyo Bay Whales》

 11/13(Mon) 

《Such sky》

 11/12(Sun) 

《Eccentric 54》

 11/11(Sat) 

《Leading role beggar》

 11/10(Fri) 

《Troublesome》

 11/09(Thu) 

《The Ensemble 》

 11/08(Wed) 

《Everlasting impatience》

 11/07(Tue) 

《Don't knock on !》

 11/06(Mon) 

《Party of the roof》

 11/05(Sun) 

《Do it now!》

 11/04(Sat) 

《Fifth grader disease》

 11/03(Fri) 

《Perfect attendance》

 11/02(Thu) 

《Synchronization night》

 11/01(Wed) 

《HELLO》


11/7/(Tue)   《Don't knock on !》


石橋くんが著名人からコンビニのにいちゃんまで30余名に本 日のフライヤーを翳した写真を撮ってくれた、告知用にと。

その全員の写真をFacebookには掲載させていただいた。

石橋くんはデキる男である。

その1枚をここでは代表して晃士くん。

(つい有名人を引用してしまう、我が心の卑しさ、お許し願 いたいが、その前に大事な友達でもあるので)



その甲斐あってライブは 大盛況だった。

勿論、その内容も、皆様の厠事情も省みず、ぶっ飛ばしの21 曲、ぶっ飛んだ。

ロックであることへの意義を何より自分に叩きつけた時間だ った。

大袈裟に言うとその時間は生きてる意義であるからして、ヘ トヘトになってアフターに注ぎ込む酒は浸透力を増し周りへ の気遣いもなくなるのだ、あしからず。

その辺りの石橋くんのフォローも素晴らしいもので、随分と 助かるのである。

そんな我儘なオレなのに石橋くんはオレを好き過ぎていてく れて、昨今は服までボーダーで泥酔しオレの股間に手を伸ば してくるのである。



ありがとう石橋くん!オレは明日から石橋を叩いて渡らな い、更なるロックな男になるぜ!



p.s . 石橋よりあの娘のほうが
僕乗ってて楽しいよ
今日からは僕はあの娘と
いつも一緒だよ
※ 『石橋くんの自転車の後ろに乗りなよ』より

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果