10月を読む  2017年11月分  12月を読む

 11/30(Thu) 

《The mellow world》

 11/29(Wed) 

《Dusk voyage》

 11/28(Tue) 

《Bottle to hold》

 11/27(Mon) 

《4 & 5 strings which cut》

 11/26(Sun) 

《Moon Light Walkin'》

 11/25(Sat) 

《Court musicians》

 11/24(Fri) 

《Silence is golden.》

 11/23(Thu) 

《Doramingo》

 11/22(Wed) 

《Jerryfish》

 11/21(Tue) 

《Remember you》

 11/20(Mon) 

《Thanksgiving Day》

 11/19(Sun) 

《Last moment signal》

 11/18(Sat) 

《Tearjerker》

 11/18(Sat) 

《Tearjerker》

 11/17(Fri) 

《Parked》

 11/16(Thu) 

《Fake positive》

 11/15(Wed) 

《Small madman》

 11/14(Tue) 

《Tokyo Bay Whales》

 11/13(Mon) 

《Such sky》

 11/12(Sun) 

《Eccentric 54》

 11/11(Sat) 

《Leading role beggar》

 11/10(Fri) 

《Troublesome》

 11/09(Thu) 

《The Ensemble 》

 11/08(Wed) 

《Everlasting impatience》

 11/07(Tue) 

《Don't knock on !》

 11/06(Mon) 

《Party of the roof》

 11/05(Sun) 

《Do it now!》

 11/04(Sat) 

《Fifth grader disease》

 11/03(Fri) 

《Perfect attendance》

 11/02(Thu) 

《Synchronization night》

 11/01(Wed) 

《HELLO》


11/9/(Thu)   《The Ensemble 》


一人でできることが一人でしかできないこと。

その逆もまた真なり。

あたりきしゃりきのことヌケヌケと宣う。

『一人でもバンドみたいだった』って言われんのがとにかく 一番嬉しいね。

愛してやまないリチャード・トンプソンとは究極に真逆のテ クニックのない形だけど。(笑)

動きでごまかしてる?じゃなくて動いちゃうライブをね。

その上で『ザ・合奏』する人にはやはり貪欲になりたい。

ここからもっと、もっとね。



たかが言葉の上の話だけどセッションって嫌い、その響きも ね。

合奏って英語でセッションと訳されるのかと思ってたけど、 アンサンブルなんだよね。

(各部分が総合され調和のとれた)全体or全体の趣とくる。

なるほど、その日本語の意味合いも精神的に気色がいい。

セッションは会議とか会合って意味もあるって、、、会議嫌 いだもんね、物別れしなかった試しがない、、、とこれまた うまくこじつけられる。

重ねて単なる言葉の上の話なんだけど、それこそが稼業って とこもある しね、ちょいと執拗になったふりを。(笑)


みんな自分の事は見えていない、見えてるつもりでもさ。

目くじらを立て腹を立ててる奴と同じ事をやってる自分の事 が見えていない。

勿論、そいつはかく言うオレにも当てはまることさ。

だからこそ、『ザ・合奏』こそがそんな自分と対峙させてく れる術であると。なんと幸運な星の下に生まれたことか。

バンドやっててよかった、また再開の糸口を一つ掴めた NANYAでの単独一幕であったのだ。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果