11月を読む  2017年12月分  1月を読む

 12/31(Sun) 

《I am me》

 12/30(Sat) 

《Uncle Kabu》

 12/30(Sat) 

《A motiveless revelation》

 12/28(Thu) 

《All inclines》

 12/27(Wed) 

《Pure white》

 12/26(Tue) 

《Jump! Hot spring》

 12/25(Mon) 

《 Non-nuclear power.》

 12/24(Sun) 

《War Is Over》

 12/23(Sat) 

《In contradiction》

 12/22(Fri) 

《Difference in correct answer》

 12/22(Fri) 

《Styx does not pass》

 12/21(Thu) 

《For a rustle》

 12/20(Wed) 

《Ornithine delusion》

 12/19(Tue) 

《A lie or the truth》

 12/18(Mon) 

《It is you》

 12/17(Sun) 

《Thought not to change》

 12/16(Sat) 

《A horse comes from a gourd》

 12/15(Fri) 

《Comfortable》

 12/14(Thu) 

《I do not wait》

 12/14(Thu) 

《I do not wait》

 12/13(Wed) 

《Single Men》

 12/12(Tue) 

《Night flight》

 12/11(Mon) 

《Gorgeously coloured 》

 12/10(Sun) 

《Pattern of the life》

 12/09(Sat) 

《To float in 110》

 12/08(Fri) 

《On the sly》

 12/07(Thu) 

《Kindness of Yoron Island》

 12/07(Thu) 

《Difference of temperature》

 12/06(Wed) 

《Gem》

 12/05(Tue) 

《Island of the pleasure》

 12/04(Mon) 

《Laugh and cry》

 12/03(Sun) 

《Good-bye victory or defeat》

 12/02(Sat) 

《Come here》

 12/02(Sat) 

《》

 12/01(Fri) 

《Desperate Fight》


12/28/(Thu)   《All inclines》




@弟子屈KING CONG

人生はまっすぐ立ってるつもりでも多かれ少なかれどちらか には傾いてるもの。

その点、キングコングは最初から傾いていきなり浮世を斜に 見つめられるのでJazzなのにとてもRockなのです。

78歳のジョウドウマスターもとてもJazzでPunkな痛快な先輩 でした。

きっとここからも気が合うよ。(笑)



−9℃の街でも半袖裕ちゃんの箱ギターは初日から炸裂!!

とにかく音・バランス共にバッチリ。
空間ってのは本当に妙で、店自体の作りではない何かがある んだろうな。

ハナからその方面に長けてない自分だけど、体感値が的を得 ることを信じ切ってる上での発言。

いい音の店はアナログレコードの音が抜群にいい!

その上JAZZときたらさもそこでライブがやってるかの如くに 鼓膜を躍らせる。

加えてその昔、JAZZ喫茶に集う輩が求めていたものは普遍な りと確信する次第。

そしてそこには棲みつくのさ魔物が。

オレ達はそんなキングコングに棲む音楽にイカれた魔物と手 を繋ぎ見事に夜を破いた次第です。

自分で言うのもおめでたいがほんと素晴らしかった、ユメノ スズキおそるべし。

そして愛さずにはいられない森のホールで明日は君と僕との 戦争が終わる2017今年ラストギク、このところの年末、これ がどんなに幸せなことか。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果