11月を読む  2017年12月分  1月を読む

 12/31(Sun) 

《I am me》

 12/30(Sat) 

《Uncle Kabu》

 12/30(Sat) 

《A motiveless revelation》

 12/28(Thu) 

《All inclines》

 12/27(Wed) 

《Pure white》

 12/26(Tue) 

《Jump! Hot spring》

 12/25(Mon) 

《 Non-nuclear power.》

 12/24(Sun) 

《War Is Over》

 12/23(Sat) 

《In contradiction》

 12/22(Fri) 

《Difference in correct answer》

 12/22(Fri) 

《Styx does not pass》

 12/21(Thu) 

《For a rustle》

 12/20(Wed) 

《Ornithine delusion》

 12/19(Tue) 

《A lie or the truth》

 12/18(Mon) 

《It is you》

 12/17(Sun) 

《Thought not to change》

 12/16(Sat) 

《A horse comes from a gourd》

 12/15(Fri) 

《Comfortable》

 12/14(Thu) 

《I do not wait》

 12/14(Thu) 

《I do not wait》

 12/13(Wed) 

《Single Men》

 12/12(Tue) 

《Night flight》

 12/11(Mon) 

《Gorgeously coloured 》

 12/10(Sun) 

《Pattern of the life》

 12/09(Sat) 

《To float in 110》

 12/08(Fri) 

《On the sly》

 12/07(Thu) 

《Kindness of Yoron Island》

 12/07(Thu) 

《Difference of temperature》

 12/06(Wed) 

《Gem》

 12/05(Tue) 

《Island of the pleasure》

 12/04(Mon) 

《Laugh and cry》

 12/03(Sun) 

《Good-bye victory or defeat》

 12/02(Sat) 

《Come here》

 12/02(Sat) 

《》

 12/01(Fri) 

《Desperate Fight》


12/15/(Fri)   《Comfortable》


まさか今年中にまた伊那に行けるとは思ってなかったから、 若干の風邪に見舞われた身体を引きずってではあったが、張 り切って朝からバスに乗った。

今夜の宴も夢野は特別扱いトリで逆リハ。本番まで随分と待 ちがある。

しかしテリーちゃんと居ると長い待ち時間も小5病でまんまと やり過ごせるのでへっちゃらなんである。

心底、気を使わなくていい友が在るってことがどんなに貴重 なことであるかを噛みしめる。

勿論、これは一方的な思いでテリー部長は随分と気を使って くれてるのは百も承知だが、、、。

会場のD-styleは扉を開けるまで知らなかったがすっかり知り 合いのタクちゃんの店だった。(笑)

いかに自分がぼーっと浮世をやり過ごしているかが伺える一 面にまたもや頭を強くぶつけたが我が鈍感な頭部は殿堂入り して弾力性を帯びもうタンコブひとつできない、、、すま ん。(誰に謝っているのか?わからんが)

はじまりから楽しい夜が楽しくないわけがなく、勿論、悪ノ リ激ノリ、ロッケンロー。

まぁ、いいではないか。

こんな夜を探してる、、、こんな夜ばっかじゃねーの夢野く ん。

いや、いや、どれもこれも2つとないのだよ。



これまたなんとなくだか今日の一曲

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果