1月を読む  2018年2月分  3月を読む

 02/28(Wed) 

《Like a flash》

 02/27(Tue) 

《Activity diary》

 02/26(Mon) 

《Love in pain》

 02/26(Mon) 

《Love in pain》

 02/25(Sun) 

《Not the deja vu》

 02/24(Sat) 

《Good Bye Quiet liver》

 02/23(Fri) 

《Solicitor welcome》

 02/22(Thu) 

《The Resonance》

 02/21(Wed) 

《Begin; a banzai》

 02/20(Tue) 

《Big time》

 02/19(Mon) 

《Hot firmly》

 02/18(Sun) 

《Youthful folly》

 02/17(Sat) 

《Living without a lie》

 02/16(Fri) 

《Active first grader》

 02/15(Thu) 

《To Quarrel》

 02/14(Wed) 

《Sound of the forest》

 02/13(Tue) 

《Night flight》

 02/12(Mon) 

《Splendid carelessness》

 02/11(Sun) 

《I of the asylum》

 02/10(Sat) 

《Wolf Faith》

 02/09(Fri) 

《Gentle day》

 02/08(Thu) 

《Corner of this world》

 02/07(Wed) 

《Thought of the late rising》

 02/06(Tue) 

《Cheerful moon》

 02/05(Mon) 

《Only here is M》

 02/04(Sun) 

《Rainy night Ishigaki》

 02/03(Sat) 

《TANIWHA LOVE》

 02/02(Fri) 

《The Admirable》

 02/01(Thu) 

《An Odd Boot》


2/4/(Sun)   《Rainy night Ishigaki》




石垣島は曇り空、小雨も降りだした。

でもテクテクテクテクWALKER'S HIGH。

シーサーを数えながら30分くらい歩いて何某商店まで。

遊びはいくつになっても子供地味ているがいろんなシーサー があることに気づけるのもそんな幼い視点によるものだ。

36シーサーで辿り着き、乾燥キクラゲを買う。

『雨』を動けない理由とするのも都合のいい話かも知れぬ が、大体においてライブまで時間があるとは言え、気持ちの 余裕はあまりないものだ。

観光自体も実のところ苦手とくれば旅中の何もない時間こそ を求めてるのであり、動かなくてもいい時間を彩る『雨』は 格好の素材となる。

小雨の散歩に鼻歌を添えて、残念な石垣は消え失せた。


夜は初めましてのBb。

リハを終え本番までウチナータイムで時間があるのもここ (石垣)ではよし。

昨今はライブ前にやらぬ酒を1杯だけ。



ライブは弾けた。

アンコールでは音ちゃん、宿泊先の楽天屋のオーナー、レン くんそしてBbのマスター巻き込み、みんなでドバーッと R&B。

良き合奏をやり終えた後はみんな高揚している。

折れない心とのせめぎ合い、慣れてはダメダメ、如何なる時 も。

たまにはライブ写真をね。

しっかり撮ってもらったからさ。



photo by Yasuko Naitou

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果