1月を読む  2018年2月分  3月を読む

 02/28(Wed) 

《Like a flash》

 02/27(Tue) 

《Activity diary》

 02/26(Mon) 

《Love in pain》

 02/26(Mon) 

《Love in pain》

 02/25(Sun) 

《Not the deja vu》

 02/24(Sat) 

《Good Bye Quiet liver》

 02/23(Fri) 

《Solicitor welcome》

 02/22(Thu) 

《The Resonance》

 02/21(Wed) 

《Begin; a banzai》

 02/20(Tue) 

《Big time》

 02/19(Mon) 

《Hot firmly》

 02/18(Sun) 

《Youthful folly》

 02/17(Sat) 

《Living without a lie》

 02/16(Fri) 

《Active first grader》

 02/15(Thu) 

《To Quarrel》

 02/14(Wed) 

《Sound of the forest》

 02/13(Tue) 

《Night flight》

 02/12(Mon) 

《Splendid carelessness》

 02/11(Sun) 

《I of the asylum》

 02/10(Sat) 

《Wolf Faith》

 02/09(Fri) 

《Gentle day》

 02/08(Thu) 

《Corner of this world》

 02/07(Wed) 

《Thought of the late rising》

 02/06(Tue) 

《Cheerful moon》

 02/05(Mon) 

《Only here is M》

 02/04(Sun) 

《Rainy night Ishigaki》

 02/03(Sat) 

《TANIWHA LOVE》

 02/02(Fri) 

《The Admirable》

 02/01(Thu) 

《An Odd Boot》


2/20/(Tue)   《Big time》


Three &Only@ 名古屋 今池 得三

本日より4連夜、Three & Only。

ツアータイトルをseeing is believingとした、、、あれ、これ って福岡のNew Combo の有田さんにつけてもらったのだったか?

記憶が定かではないな。

ツアータイトルは適当である。

ディランのライナーノーツをパッと開いてそこにある歌詞や ら題名から響きのいいものを使ったり。

意味は後付け。

音楽と一緒で理論はあとからついてくるのだ。


得三では初めての試み。

アップライトのピアノをステージから下に降ろして客席で3人 円になっての演奏。

以前、摂津のJACK LIONで試みた形態をとった。

結果成功。

いい初日が明けた。

この3人のバンドでオレのバンド人生というか随分と変わった ことは間違いない。

『ザ・合奏』ってもののせめぎ合いをこの2人に教えられたの だ。

これこそ宝だと思える刹那を把握できたことは全てに反映し ているし、この感覚を知らずしてと思うとバンドマンとして どうなのかという程の危惧さえ覚える。

自分の中でなにが起こっても音楽を止めない手法をこのせめ ぎ合いの中でこそモノにできること、それに対してのスリリ ングな一瞬の悦びを一つでも多く感じて歌い跳ねることこそ がライブではなかろうかと、、、



なんてな、、、ここからも続いていくことのハードルを自ら あげることを宣ってしまった。

得三の森田さんに『オマエぶっとくなったなぁ、、、おもろ ないけど(笑)』

最高の褒め言葉として受け取り、またも変態話に興じたアフ ターであった。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果