2月を読む  2018年3月分  4月を読む

 03/31(Sat) 

《Hard contradiction》

 03/30(Fri) 

《Praise the number》

 03/29(Thu) 

《The Fibber》

 03/28(Wed) 

《Live is first》

 03/27(Tue) 

《Status quo OK!》

 03/26(Mon) 

《The world is money》

 03/25(Sun) 

《Than rial reality》

 03/24(Sat) 

《Everlasting Pub Rocker》

 03/23(Fri) 

《Groly day》

 03/22(Thu) 

《The parting afternoon》

 03/21(Wed) 

《Winter came back》

 03/20(Tue) 

《Klnta!!》

 03/19(Mon) 

《The great country》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/16(Fri) 

《A Just Reward》

 03/15(Thu) 

《Adult kidult》

 03/14(Wed) 

《The No End》

 03/13(Tue) 

《Let's run a band!》

 03/12(Mon) 

《Fermentation Rock》

 03/11(Sun) 

《FIRE BIRD》

 03/10(Sat) 

《Weather-beaten gap》

 03/09(Fri) 

《Pattern of the life》

 03/08(Thu) 

《Key not to lose》

 03/07(Wed) 

《A Full Voice》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/04(Sun) 

《Do not catch the lapel》

 03/03(Sat) 

《Than quality quantity》

 03/02(Fri) 

《Wonder to oneself》

 03/01(Thu) 

《Mr.Blow Birth Fes》


3/3/(Sat)   《Than quality quantity》


純也との旅が始まった。

THE NO ENDにたどり着く為の旅だ。

というと綺麗事に聞こえるか?結局は自分にだ。

まずは御殿場RINCOLO。

今回は東海市以外は慣れ親しんだ『人』のいる小屋を選択。

そして、それに関して純也は手放しで良いと思う。

奴はオレの事を『人タラシ』だと謳うが彼奴こそそれに相応 しい。(笑)

が、心底の頭の良さを感じさせない、そこがいい。所謂、腹 黒さや小狡さは、、、まずそんなとこが見え隠れしたら一緒 には演れないんだが。


はじまりの旅は数だ。

数打ってなんぼの始まりの旅だ。語弊があるのは百も承知だ が、オレのやり方はそうだ。

RINCOLOのモニターのリミッターは改善されていて、とても 痛快に初日を明けることができた。

ライブ後ステージにスクリーンが下される。等身大以上のオ レたちが現れ、先程のライブを鑑賞。

清志郎はライブ後、ホテル部屋にみんなを集めその日のライ ブ録画をメンバー全員で鑑賞するのが常だったらしい。

気持ちはわからないではないが、オレはやっぽりひとりがい いかなと思われる。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果