2月を読む  2018年3月分  4月を読む

 03/31(Sat) 

《Hard contradiction》

 03/30(Fri) 

《Praise the number》

 03/29(Thu) 

《The Fibber》

 03/28(Wed) 

《Live is first》

 03/27(Tue) 

《Status quo OK!》

 03/26(Mon) 

《The world is money》

 03/25(Sun) 

《Than rial reality》

 03/24(Sat) 

《Everlasting Pub Rocker》

 03/23(Fri) 

《Groly day》

 03/22(Thu) 

《The parting afternoon》

 03/21(Wed) 

《Winter came back》

 03/20(Tue) 

《Klnta!!》

 03/19(Mon) 

《The great country》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/16(Fri) 

《A Just Reward》

 03/15(Thu) 

《Adult kidult》

 03/14(Wed) 

《The No End》

 03/13(Tue) 

《Let's run a band!》

 03/12(Mon) 

《Fermentation Rock》

 03/11(Sun) 

《FIRE BIRD》

 03/10(Sat) 

《Weather-beaten gap》

 03/09(Fri) 

《Pattern of the life》

 03/08(Thu) 

《Key not to lose》

 03/07(Wed) 

《A Full Voice》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/04(Sun) 

《Do not catch the lapel》

 03/03(Sat) 

《Than quality quantity》

 03/02(Fri) 

《Wonder to oneself》

 03/01(Thu) 

《Mr.Blow Birth Fes》


3/14/(Wed)   《The No End》


そして、磔磔。

磔磔に初めて立った日のことだけは昨日のことの様。

THE BARREL HOUSE、夜太郎Hearts Club Band、Honey Beats、Gotta、with Moon Men、with Smoll Moon Men、The Crawfish、The Amsterdam、The Swiss Guitars、Three & Only、ユメノスキマ、ユメノスキマル、The No End、夢野カブとして、、、

いったい何度、このステージに立っただろうか?

何度立っても蘇るは、それ。

そして、ここに立ててる喜びを初めてのように感じる訳だ。

聖地という感覚はうまく捉えきれないが、足りない言葉や感 情に足せるものがあるとするならそんなとこか。

『磔磔で演るんだぜ!』

ほんとは今でも叫んでんだ。

イェイ。

そして、イト、今オレはオマエとたった2人でたった磔磔を思 い出したりしてるよ。

正直、もうあんまり一緒にできねぇかなぁ、これが最後かな ぁくらいの気持ちで臨んだのがユメノスキマワンマン磔磔 LIVEだった。

きっとオマエはそれまでの悔しさや後悔も全部抱えて、それ はそれはめちゃくちゃ頑張ってオレの曲をやって来てくれた よな、 それが2人きりで初めてたったこのステージだったはずさ。

ライブが終わって興奮して楽屋で『旅に出ようぜ』って言っ たな。

それはもうここから忘れようがない悔しい刹那にもなっちゃ っ たな。

でもな、暗黙の口約束(笑)通りオレは、オレ達は、THE NO ENDを終わらすことなく、再びこのステージに立った ぞ。

なんとも宿命的に純也の『天命尽きた』も演奏するなんて な。

噛み締めたよ、1曲、1曲。

それから、客席の1番後ろでHoney Beatsで一緒に演ってた華 子がさ、めちゃくちゃ踊ってくれててさ。

30年の年月を超えてもさ、メンバーってのはいいよなぁ。一 緒に演った面子はずっとメンバーだよな。

それがまた磔磔であるってこと。

いつか見たディランの武道館でのアンコールでのディラン立 ち。

磔磔でやれたぞ、、、みんなピンと来てなかったみたいだか ら、次回は完璧にやろう。(笑)

勿論、オマエも一緒だぞ、イト。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果