2月を読む  2018年3月分  4月を読む

 03/31(Sat) 

《Hard contradiction》

 03/30(Fri) 

《Praise the number》

 03/29(Thu) 

《The Fibber》

 03/28(Wed) 

《Live is first》

 03/27(Tue) 

《Status quo OK!》

 03/26(Mon) 

《The world is money》

 03/25(Sun) 

《Than rial reality》

 03/24(Sat) 

《Everlasting Pub Rocker》

 03/23(Fri) 

《Groly day》

 03/22(Thu) 

《The parting afternoon》

 03/21(Wed) 

《Winter came back》

 03/20(Tue) 

《Klnta!!》

 03/19(Mon) 

《The great country》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/16(Fri) 

《A Just Reward》

 03/15(Thu) 

《Adult kidult》

 03/14(Wed) 

《The No End》

 03/13(Tue) 

《Let's run a band!》

 03/12(Mon) 

《Fermentation Rock》

 03/11(Sun) 

《FIRE BIRD》

 03/10(Sat) 

《Weather-beaten gap》

 03/09(Fri) 

《Pattern of the life》

 03/08(Thu) 

《Key not to lose》

 03/07(Wed) 

《A Full Voice》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/04(Sun) 

《Do not catch the lapel》

 03/03(Sat) 

《Than quality quantity》

 03/02(Fri) 

《Wonder to oneself》

 03/01(Thu) 

《Mr.Blow Birth Fes》


3/25/(Sun)   《Than rial reality》


朝の散歩、早起きはプライスレスの春爛漫。

映画か迷ったが、安価でチケット入手。

鶴岡以来のふらりと美術館。

何よりこの心の余裕こそが宝なり。

出向いたは大いなる田舎の真ん中、ギロッポン。

四季を問わず懐かしきは天職ポスティングの或る日の形状 (経路)記憶。

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル@森美術館



最初はピンとこなかったが、日常に潜む当たり前のリアルの 可笑しさを飼い慣らしすぎた習慣という魔物を持ってどれだ け見逃しているかを逆説的(日常ともいえるのかも)に知ら される。



面白かった、得した、得した。

歌ができそうなくらい。



あとは人さえいなければ。(笑)

かくいう我も人なり。

人気が失せることはないだろうけど、そんな時間を見計らっ てもう一度行きたいもんだ。

しかし都会の美術館の警備の人や案内役は大変だなぁ、めん どくさい客が五万、いや、何十万といるのだから、、、まさ し くオレな様な。(苦笑)

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果