2月を読む  2018年3月分  4月を読む

 03/31(Sat) 

《Hard contradiction》

 03/30(Fri) 

《Praise the number》

 03/29(Thu) 

《The Fibber》

 03/28(Wed) 

《Live is first》

 03/27(Tue) 

《Status quo OK!》

 03/26(Mon) 

《The world is money》

 03/25(Sun) 

《Than rial reality》

 03/24(Sat) 

《Everlasting Pub Rocker》

 03/23(Fri) 

《Groly day》

 03/22(Thu) 

《The parting afternoon》

 03/21(Wed) 

《Winter came back》

 03/20(Tue) 

《Klnta!!》

 03/19(Mon) 

《The great country》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/18(Sun) 

《Life is the first》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/17(Sat) 

《Eradication Groove》

 03/16(Fri) 

《A Just Reward》

 03/15(Thu) 

《Adult kidult》

 03/14(Wed) 

《The No End》

 03/13(Tue) 

《Let's run a band!》

 03/12(Mon) 

《Fermentation Rock》

 03/11(Sun) 

《FIRE BIRD》

 03/10(Sat) 

《Weather-beaten gap》

 03/09(Fri) 

《Pattern of the life》

 03/08(Thu) 

《Key not to lose》

 03/07(Wed) 

《A Full Voice》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/06(Tue) 

《Active play》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/05(Mon) 

《And it is Kobe》

 03/04(Sun) 

《Do not catch the lapel》

 03/03(Sat) 

《Than quality quantity》

 03/02(Fri) 

《Wonder to oneself》

 03/01(Thu) 

《Mr.Blow Birth Fes》


3/28/(Wed)   《Live is first》


最近書いた新曲のあるパーツの歌詞を毎回微妙に変えてい る。

助詞を変えるだけでニュアンスやリズムが変わる。

必ず歌詞を書くときはその歌詞の切欠となった誰かの顔が浮 かんだりするものだ。

歌によっていろんな人、勿論、異性とも限らない。

ほぼ同時に何人かってこともある。(と思うと歌詞に限らず 曲でもあるのかもだ。)

そんなもう当たり前になりすぎてることにふと今、気付い た。

気づいたからとて、どってことないのだが。

出来上がった時点でそこから歌はひとり歩きする。

でも先ずは聞かせたい誰か在りきってのがあって、その人に1 番響かせたい言葉であり、それはきっと薄らいだとしても自 分の中でずっと消えない ことだ。

ほんの一瞬だが、歌に住む誰かといろんな町で一緒にいるこ とができる。

その中には現実的には会えなくなった人、もう会う術もない 人もいるけ ど、、、

久しく歌ってなかった歌、古い歌なぞを歌うと、久しぶりの 誰かと会うこともできる。

僕の歌は君の歌だ。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2019年 /  2018年 / 

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果