12月を読む  2019年1月分  2月を読む

 01/17(Thu) 

《Natural consequence》

 01/16(Wed) 

《Deepest Sympathy》

 01/15(Tue) 

《Innocence》

 01/14(Mon) 

《Lucy In the sky 》

 01/13(Sun) 

《Yap》

 01/12(Sat) 

《Dog Star》

 01/11(Fri) 

《Feedback》

 01/10(Thu) 

《Folk-Rock?》

 01/09(Wed) 

《Rhapsody》

 01/08(Tue) 

《Pretty apricot》

 01/07(Mon) 

《Super Peach》

 01/06(Sun) 

《North promise》

 01/05(Sat) 

《Trashiness, a banzai!》

 01/04(Fri) 

《High Hour》

 01/03(Thu) 

《Waiting for railroad》

 01/02(Wed) 

《Dreams go by contraries.》

 01/01(Tue) 

《Happy New Yeahhhhh!》


1/16/(Wed)   《Deepest Sympathy》


美瑛に向かう途中に年始に亡くなられた山上さんの自宅に立 ち寄りお線香をあげさせてもらった。

深川でのライブをいつも企画していただき、共演もあったり で本当にお世話になった。

いつも汗だくで機材を運んでおられた姿が思い出される。

ここ数年は年に1度か2度お会いするだけだったが、良き人を 絵にかいたような方だった。

心からご冥福を。

良き人が逝きすぎだ、、、生きながらえてる奴は見送んなく ちゃならない宿命をまた嫌でも噛み締めなきゃいけない時と 向かい合う。

そしてその人がいい人であればあるほど死が与える周りへの 悲しみがその宿命にまとわりつき人生が重くなる。

しかし歩かなくちゃいけん。

なんでこうも生きたいのだろうかと病気をして検査や治療を 繰り返していると、ふと我に返り考えることが多くなった。

ほんとにそんなに生きたいのか?

うまく答え合わせはできない。

ただ、もういつ死んでもいいなんて言葉は吐いちゃいけんと 思う。

誰の為とかじゃなくて。

生きることはカッコいいことではない。

でも、、、じゃないな、、、それ故に笑えない言葉の中で暮 らすのはごめんなんだ。


山上さんの仲間だった白真くんの営むケーキ屋さんでコーヒ ーカップのいい写真が撮れた。

今までで一番、気にいっている。

オレの喜びはどってことない刹那に潜んでいる。

これも答えかもだ。



白真くんに沢山お土産を頂き、吹きすさぶ雪の中、美瑛に向 かった。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果