「今年もアメリカへ・・・」

 「またしても終わらない夜」

 「祭りだ!ワッショイ!!」

 「居眠りでどうだ」

 「居眠りでどうだ2」

 「荒野の食いしん坊。」

 『朝日のあたるYeah!』


   「居眠りでどうだ」の巻 〜其の1〜


Richard Tompson を見終え、会場内の木陰に腰をおろしてプログラムを開く。

さて次は何を見に行こうか?

これこそがなんとも贅沢な話だって、ひとり、にやつく。
緑の芝生に寝転んでこのまま昼寝ってのもありだし。
約束は全部俺が決めればいいのだ!

と思ってるうちにほんとに眠ってしまったんだ。
アメリカにてこんな油断できる場所があるのが素晴らしいじゃないか!
やっぱり世界中どこへ行っても『お祭り』は『お祭り』なのだ。
みんな子供になってワクワクドキドキだ、そしてはしゃぎ疲れて居眠りこくんだ。

せっかくここまで来たんだから、いろんな人を目撃したい気持ちも事実だけど、 見ることが全てじゃないのだ、体感することが、Yeah! なのじゃ、

現に向かいの FAIS DO-DO STAGE では陽気な Zydeco Music が聞こえてくる、 こんな風な午後の気持ちのいい子守歌、そうそう手に入れられるもんじゃないよ、 ただいつか手に入れたいなぁ〜毎日が Holiday 〜、あ〜、ムニャ、ムニャ〜とわけのわからない夢に突入して(でも、 きっといい夢)30分くらいは眠ってたと思う。

それからまた歩きだした、様々な「ご機嫌さ」とすれ違いながらね。
『見たいものに迷ったらGospel Tentに行け』と言うヒロナリの言葉を思い出し、 (別に迷った訳じゃないけど)そこに向かったんだ。

次を読む >>

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果