Bessie Smith

 Al Broussard

 JoniMitchell

 TomWaits

 THELONIOUS MONK

 風太郎

 Otis Redding


   Night Ride Home/JoniMitchell 〜其の2〜


 壊れた赤い時計が急に動き出し、すぐにとまった、そのときふとあの遅い朝の柔らかい日差しが甦る、こことは違うあの朝が。
 そしてそこ にすっかり溶けこんでたのは『ジョニ・ミッチェル 』ニューオリンズ滞在一週間毎朝、(実際はもう昼近い時間だったと思うんだが)静かに流れてた。
 そいつは滞在先のヒロナリの趣味だったんだろう、そんで確かに今まで何度となく耳にした歌声にも違いなく好きでもあ った、  だけどその遅い朝の日差しと一緒になって初めて俺の中に入ってきた気がしたんだ。
 こんな風に音楽が自分の中に入ってくることを いつも待ち望んでいる気がするし、そうやって入ってきた音はいつまでも離れずに心地よくそばにいてくれるからね。
 そしてもうひとつそこに毎朝いてくれたのは町全体に漂うフレーバーコーヒーの香り、  そいつは確かに甘いから一日何もできずに終わっちまう感、それに元来のなまけもの気質ときてる、その危険性は大なこと言われなくたってわかってる。
 でも知ってる?
 なまけものはいくらきつい雨や洪水に 流されても自分の木にもどってくるんだよ... などとやっぱりファジーな言い訳をひとつ。

次を読む >>

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果